Archive for the ‘未分類’ Category

急激な高齢化

近年急激な高齢化が進み、医療が高度かつより複雑になっていくなかで、看護師の数が足らず社会問題になっています。厚生労働省によると、2011年に必要とされている看護職員の数が140万人余りなのに対し、実際に働いている職員の数は135万人足らずで、約56,000人不足しているそうです。看護師不足の一番の原因は、離職率の高さです。実際国家資格があるにもかかわらず、看護師の仕事に就いていない看護師が50万人以上にも上るとされています。したがってこれら看護師有資格者の1割でも看護師募集に応募し、就職してくれれば、看護師不足は一気に解消できることになります。では何故看護師募集をしても看護師募集に人が集まらないのでしょうか。その理由はなんと言っても労働条件の厳しさにあります。病院では、日勤以外に準夜勤、深夜勤、宿直など2交代制・3交代制勤務が常識になっています。そのため夜勤回数が月9回以上の人が50%にもなるといわれています。また月50時間以上の残業時間をこなす看護師の数も、8%近くに上っています。独身であれば、これらの厳しい労働条件でも勤務は可能でしょうが、結婚し子供が生まれると子育てに忙しくなり、夜勤を含む勤務はとても大変です。そのため夜勤ができないことを理由に、退職していく女性看護師がとても多いのです。看護師不足簡単に解消できませんが、まずは夜勤回数の減少、短時間正職員制度といった看護師募集に応募しやすいように労働条件を改善する必要があります。

看護師は人手不足

看護師は、人手不足です。看護師は女性が多い職場ですから結婚や出産を機に辞めてしまう方は多いと言われています。仕事も重労働のせいか、子育てをひと段落終えた方が戻ってくる確率が少ないです。看護学校を卒業しても勤務1年目で弱音を吐いてしまい、長続きしないのが、現状です。その理由は看護師の仕事は残業が多く生活の不規則で、重労働だからです。だから一度辞めたら看護師に復帰する気持ちにはなれないみたいです。ですから看護の資格は取得している方は沢山います。ただ復帰してくる方が非常に少ない為です。実際に家事や仕事を両立することは難しい業種だと言えます。業務は正確性を求められる為、ミスは許されません。命に関わることも、あります。それに職場環境も女性がとても多いので人間関係が上手くいかないことが多いみたいです。非常に忍耐力が、必要です。看護師が不足になれば、医療業界は大変なことになって、しまいます。皆早死に、してしまいます。看護師募集をしても集まらないのが、現状です。好条件で看護師募集しても集まりません。とても深刻な、問題です。そこで今はパートの看護師も増えてきています。パートの場合残業がないのがメリットです。時間に融通がきいて、時給も高いです。精神的にも負荷がかかること少ないです。看護師募集でパートを雇用することによって看護師の雇用を増やせたらより良い社会ができると思います。ですから復職し易い環境を作ることが必要だと思います。

正看護師や准看護士

近年の日本では正看護師や准看護師、助産師の免許を取得していながら未就労の潜在看護師が50万人を超えています。就労しない理由には賃金問題や結婚や出産育児での離職があげられます。女性看護師の離職年齢は20歳代後半から50歳代が多く出産育児のために就業率が下がっていきます。看護師全体で労働時間が増加しているのに賃金の増額がなされてないことが原因と思われています。看護師にとって離職中のブランクは痛手になり看護師募集の求人を見て再就職をしようと思っている未就労者がいても医療機関側が断ってくることもあるそうです。もっとも離職率の多い年齢である20歳代後半から50歳代の看護師免許取得者を就業することで全国で問題になっている看護師不足を解消しようと考えています。それには労働形態の改善や労働条件にあった賃金の見直しが必要と考えているようです。看護師の就業に対しての悩みのひとつに夜勤があります。夜勤での勤務は月に8回以上しなければならない病院も多く対応できないのが現状だそうです。看護師募集に応募しても夜勤の問題があると諦めないといけない環境があります。看護師募集を行っている転職支援サービスなどでは看護師の就労に対しての悩みを聞き相談に乗ることで希望する就業場所を探すことができます。未就業の看護師には看護師募集を進めている転職支援サービスで看護師にあった労働条件にすることができる就業場所を増やしていけば看護師不足を解消できるのではないかと思います。

感染管理の認定看護師

看護師募集の要項の中で、感染管理の認定看護師という文字を目にします。感染管理を担当する認定看護師について、書きます 病院には様々な疾病を抱えた患者が集まる訳ですし、それら患者は体力が低下しています。また、病院では多くの薬品が使用されます。中には拒絶反応を抑える為に抵抗力を一時的に下げる薬もあります。病院は感染の温床になってしまう危険に晒されています。そこで感染の管理をする看護師を設定したのです。認定看護師になる為には日本看護協会の認定看護師認定審査をクリアし、登録の手続きしなければなりません。審査の対象となるのは看護師だけではなく保健師や助産師です。また、認定看護師は、資格取得後も五年毎の更新審査があります。認定看護師には現在二十一の分野あり、その中の一つが感染管理です。感染管理の認定看護師は、感染症学の知識を基にして消毒と滅菌などで病院にいる人全てを感染症から守るのが仕事です。専門看護師の資格もあります。こちらも日本看護協会の審査をクリアしなければならないのですが、専門看護師となる為には、看護大学卒業が条件です。感染管理を担当する認定看護師は院内の感染予防リーダーですが、感染管理を担当する専門看護師は地域の感染予防リーダーでなければなりません。 資格を持っていても、看護師募集の要項に資格に関する記述が無ければ、待遇の面では一般の看護師とあまり変わらないでしょう。感染管理をはじめ認定看護師や専門看護師はとても重要な資格です。看護師募集の要項を参照して、資格を活か職場を見つけてください。

男性女性に関係なく応募出来る

多くの看護師求人が看護師募集と書かれています。だから看護師求人には男性・女性関係なく応募できます。その中でも今、男性看護師募集を求める声が年々増えてきているのです。特に男性看護師が急募されているのが精神科です。ストレス社会の現代、うつ病や総合失調症など精神障害の人が多くなってきていて人を傷つけたり、自殺したり命に関わる問題がたくさん起こっているからです。精神科の場合、患者が暴れたりする事が多いです。それは男性・女性に関係ないのです。女性患者でも、すさまじい力で暴れるので到底、女性看護師の力では押さえ切れません。もし、暴れだしたりして他の患者を傷つけてしまったり、命に関わるような行動を取ってしまった場合には取り返しがつかず、一大事なので、それを防ぐためにも男性看護師の力が必要なのです。また精神科以外にも患者のベッドの移動・手術の時のオペ室への患者の移動など看護師でもかなりの力を必要とする業務が多いので、こうした力仕事をスムーズにしたり、若い男性入院患者の中には体を拭く時・入浴の介助の時には女性看護師ではなく男性看護師がいいという人もいるようです。そして看護師は女性が多い職場のため、どうしても職場内でさまざまな問題も起きやすいのです。でも男性看護師がいるとそんなイヤな雰囲気も和らぐ事があるのです。だから看護師社会に男性看護師がいるという事はいろいろな意味で多くのメリットがあるから今後、ますます男性看護師募集の求人が増えていくと思われます。

日本の高度成長

自分は今年で70歳になります。自分が中学を卒業した頃の日本は高度成長をしていましたので、日本中の家庭では収入を安定して稼ぐことができました。そして、人口は毎年増え続け日本はみるみる大きくなっていったのです。しかし、最近の日本では、人口が減りつづける一方で割合的にも自分達の世代、高齢者が大きくしめています。また、昔に比べると医療技術が発展したため高齢者は長生きできるようになりました。私達にとっては、うれしいことです。その半面、今の日本では、医師不足が、問題になっています。医師不足だけではなく看護師も不足している為、看護師をどこも募集している病院が多い気がします。やはり、医療技術が進んでもその技術を使う人物がいなければ意味がありません。その為、自分が住んでいる町の総合病院では看護師募集中という宣伝をよくしています。また、ある病院では、将来的にここの病院で働いてくれるなら看護学校に通う為の学費を安くしますというところもあります。日本国民が長生きするにはやはり、看護をしてくれる人がいるからこそだと思います。その為、どこの病院でも看護師募集の必要性を大きく宣伝するためテレビ・雑誌・ラジオなどで看護師募集中というのでしょう。自分の孫は来年で高校を卒業する予定です。孫に、将来は何の仕事をするのか聞いてみたところ看護師になりたいと。孫は、早く立派な看護師になっておじいちゃんの看護をしてあげると言ってくれました。自分はとても嬉しくてこれからの孫の成長を楽しく見ていこうと思います。

重要なポイント

看護師募集の重要ポイントは何でしょうか。看護師募集のどの求人案件を見てもだいたい同じような内容になっていました。ただ好条件であることが重要なポイントっであるのかもしれません。看護師募集の求人一覧を隅から隅までチェックしてみてください。いかに好条件の案件がそろっているかがわかると思います。主婦の方でも復帰できるようにいろいろな設備も病院で整えてきている状況です。保育所や社宅などが完備されてきている状況です。看護師の仕事は大変なことをだれもがしっているとはおもいますが、いろいろな病院のホームページで看護部の掲載記事を読んでいるとみんな楽しそうにしています。仕事自体は大変でもみんなで協力して楽しくやっているのかもしれません。一度その看護師さんとお話をすることができればより詳しい状況が伝わってくるのではないでしょうか。特にこまっていることがないかどうかを確認しておけば看護師として応募するかどうかのヒントになるのではないでしょうか。看護師募集に応募するには病院の各部署の状況も事前に知っておくことが重要だと思います。院長先生の考え方から各部署の先生がどのような人なのかをよく知ってくことが必要だと思います。応募する前に訪問して病院内を見学しておくのも良いかもしれませんが、ホームページ上でもある程度の情報は知ることができると思います。各担当の先生がどのような人なのかによって看護師に対する影響が大きく違ってくるように思います。

働きやすい職業

看護師は人材不足のために比較的採用されやすい職業です。一般の職業と比較しても就職率が高いです。条件の良い求人は競争率も高くなります。就職や転職を考えるなら条件の良い職場で働きたいと願います。看護師として採用されやすい看護師募集の重要ポイントを押さえておきます。第1の看護師募集ポイントは長く無理なく勤務できることをアピールします。採用側は極力長く勤めてもらいたいと考えるものです。提示する条件で無理なく長く続けられるか確認しておきたいのです。看護師として不測の事態は必ず起こります。融通が利かせられる状況にあるかということも大きな要素になります。第2の看護師募集ポイントはあなたの印象です。顔の良し悪しではありません。患者に与える印象を採用側は見ています。患者はあなたと初対面です。あなたが仕事のできる人でも初対面の相手には伝わりません。安心できる印象を持ってもらえる笑顔を心掛けるようにします。第3の看護師募集ポイントは技術や職歴です。看護師の経験上、病棟勤務の経験は特に評価対象になります。注射や点滴など得意なものは併せてアピールしておきます。また長期に渡り前病院に長く務めていたことは採用側に安心感を与えることになります。反対に転職が多いとすぐに辞められてしまう不安を採用側に与えさせてしまいます。採用されるためには、何が評価の対象になるのかをしっかりと把握しておくことが大事です。看護師募集の重要ポイントをしっかりと押さえて自信を持って面接に挑むことです。

不規則な時間

昔も今も看護師の仕事は、人の命に関わる仕事のため不規則な時間が多く体力的にも精神的にもとてもきつい仕事です。医学の進歩で高い知識と技術を身につけなければなりませんが充実感の持てる仕事でもあります。私も赤ん坊の頃は病気がちだったので看護士の方々にはよく面倒を見ていただきました。病院に勤めている友人の話では病棟担当の看護師は夜勤がありますし、患者相手なので決して気を抜くことやミスをすることはできない緊張の連続の毎日と言っています。労働条件はすごく厳しく離職率も高いです。某大手求人サイトが行なったアンケートでは転職してしまう理由はきつい仕事の割にはお給料が安いなどの待遇の悪さです。新人で入ってきた方々が半分に減ってしまうのはごく普通の事です。就職活動する上で看護師募集の重要なポイントは自分にあった働き方ができて勤務にゆとりのある病院を見つけることです。残念ながら公開されている看護師募集のサイトで条件にあった募集を探すことは容易ではありません。どこでもそうですが実際働いてみないと続けられるかどうかは判断しにくいと思います。人材難の中、看護師募集の項目には載っていなくてもやり遂げないとならないことも多いと思います。働きすぎて過労死だけは避けたいです。子育てなどで、看護士の仕事からしばらく離れていた人は、再就職に必要な最新の医療技術や知識を取得できるような病院を看護師募集サイトから探す必要があります。人の預かる仕事なので安心感は何よりも大切なことです。

看護師募集の求人

“看護師募集の求人から就職先を選ぶ際いくつかの重要な、ポイントがあります。以下に、それを紹介します。
看護師募集の求人を選ぶ際、まず挙げられるポイントが、その職場の労働条件の確認です。支給されるお給料はいくらくらいか、月の労働時間がどのくらいか、その職場で既に働いている看護師たちの有給の消化率はどのくらいか、年間の休日数は、どのくらいか等、最低限の労働条件はまず事前にチェックする必要があるでしょう。
次に調べておきたい事項としては、その職場の看護師の年齢構成です。これは少し意外と思うかもしれませんが若い看護師、だけでなく幅の広い年齢層の看護師が働いている職場というのは比較的長期に渡って働くことができる職場であるという可能性が高いからなのです。同時に、産後の看護師の復職率が高いかどうかもチェックをしておくと、いいと思います。
そして次に挙げられるポイントが自分に合ったワークライフのバランスを実現することが可能な職場かチェックするということです。子供が、まだ小さいから日勤だけの勤務が可能な職場で働きたい、給料はそれほどもらえなくてもいいから休日をしっかり休むことができてプライベートな時間をきちんと確保できる職場で働きたい等、自分の生活の時間を大切にしたいという人は、その職場が短時間正職員制度のようなワークシェアリングの制度を採用しているのかどうかというのもチェックしておいた方がよいでしょう。看護師募集の求人を選ぶ際には、このように様々な職場の労働条件等をチェックしたうえで、よりよい仕事先を選ぶ様にした方が良いと思います。