正看護師や准看護士

近年の日本では正看護師や准看護師、助産師の免許を取得していながら未就労の潜在看護師が50万人を超えています。就労しない理由には賃金問題や結婚や出産育児での離職があげられます。女性看護師の離職年齢は20歳代後半から50歳代が多く出産育児のために就業率が下がっていきます。看護師全体で労働時間が増加しているのに賃金の増額がなされてないことが原因と思われています。看護師にとって離職中のブランクは痛手になり看護師募集の求人を見て再就職をしようと思っている未就労者がいても医療機関側が断ってくることもあるそうです。もっとも離職率の多い年齢である20歳代後半から50歳代の看護師免許取得者を就業することで全国で問題になっている看護師不足を解消しようと考えています。それには労働形態の改善や労働条件にあった賃金の見直しが必要と考えているようです。看護師の就業に対しての悩みのひとつに夜勤があります。夜勤での勤務は月に8回以上しなければならない病院も多く対応できないのが現状だそうです。看護師募集に応募しても夜勤の問題があると諦めないといけない環境があります。看護師募集を行っている転職支援サービスなどでは看護師の就労に対しての悩みを聞き相談に乗ることで希望する就業場所を探すことができます。未就業の看護師には看護師募集を進めている転職支援サービスで看護師にあった労働条件にすることができる就業場所を増やしていけば看護師不足を解消できるのではないかと思います。